「 2015年10月 」一覧

ペイシェントボイスカフェ(PVC)vol.9

平成27年10月18日(日)19:00~

みのりCafeにて、医療系学生8名(薬学生6名含む)と薬剤師1名に参加していただき、ペイシェントボイスカフェ(PVC)vol.9を開催いたしました。ゲストスピーカーには大腸がん経験者の志田理美さんをお招きして、がんとどのように向き合っているのか、薬との関わりについてなどのお話をしていただきました。抗がん剤治療をほとんどやらなかったこともあり、薬剤師との接点も少なかったとのことですが、術後の腸閉塞の予防については薬の情報をもっと早く知っていたら・・・とおっしゃっていて、薬剤師が提案をしていれば、大変な思いを多少でも減らせたかも知れないと思いました。ひとりの患者さんの体験であり、気持ちではありますが、今後の私たち医療者の仕事をしていく上でのヒントがたくさん含まれていると思います。今後も、このような機会をつくり続けていきたいと思いました。

PVC(20151018)

 

 

 

 

 

参加者の声

・普段、薬について、また患者様に聞くべきこと等について、技術的なことしか学ばないので、患者様の立場で考えることが少なく、良い機会になりました。来春から社会人となる予定ですので、相手の事を忘れずやっていきたいと思います。

・患者さんの生活をふまえてアドバイスできる薬剤師は素晴らしいなと思います。残念ながら、大学には期待できなさそうなので、個々人の努力次第で、そのきっかけになるのが患者さんからのオープンな話だと思います。あと、患者さんが患者会を知るきっかけがないというのは驚きでした。かと言って、医療従事者がコネクションをもってるということは少なそうなので・・・、患者会は患者会で完結しちゃっているのでしょうか?(失礼なご質問かもしれませんが)

・実際に患者さんのリアルな声を聴くのは初めての体験でしたので、とても良い経験になりました。将来、病院で働くにしても薬局にしても患者さんの生活を考えることの大切さを痛感しました。入院しているときは、規則正しく食事できるし、服薬できます。ですが退院するともとの生活に戻る、そうなったときに普通に今まで通り生活できるようアドバイスできるようになりたいです。

・医療者の言葉の大切さや、薬剤師の対応の大切さを知ることができました。また、患者さんが実際にどのようなことで困り、対応しているのかを知ることができ、今後の自分の糧となりました。貴重な時間をありがとうございました。

・「漢方と他の薬をまぜたらだめなの?」や「睡眠薬を就寝前に飲む指示の就寝前の程度は?」という、患者さんならではの疑問、質問を知ることができ、薬剤師として患者さんに服薬指導時に伝えるべき内容を見直すきっかけとなりました。

・前回とまた違うお話を聞かせていただけました。患者さんは病気に関して、PCなどでたくさん調べるかと思っていましたが、情報を検索するワードなど、医療を勉強している私たちとは少し違うことを改めて感じました。薬剤師(薬学生)がどういうことを学び、どういう知識を持っているか、どういったことに相談可能かも自ら示していかないといけないんだと感じました。ありがとうございました。

・患者さんの欲しい情報を、医療者側が柔軟に提供していくことは本人の治療の意欲(そして不適切に提供すると低下)に繋がるということ。個人ひとりひとりの力量「も」問われている。本人が「分からない」と示す見える不安だけではなく、心の底にある「話したいけど話して良いのか分からない」見えない疑問を読み取り、感じ、それに気づけて包括的に支援していける医療者を目指します。

・患者さんの日常生活の大変さと情報の正確さを正しく伝えることはすごく患者さんに影響すると感じました。医療者として患者さんにとって、どんな情報を伝えることができるかを自分から得る必要があると思った。



『みんな集まれ!@みのりCafe』

平成27年10月16日(金)19:00~

先月はお休みいたしました、みのりCafeの交流会ですが、今回は6名(薬剤師1名、薬学生1名含む)の方に参加していただき、時間も忘れて楽しく語らいました。初めて参加してくださる方、何度も参加してくれる方、薬学関係者もそうでない方も・・・。いろいろな方が集まって話すのが楽しいです♪参加者の皆さん、ありがとうございました!また、ご都合のいい時があれば、ぜひご参加ください!

みのりCafe(20151016)



『就活をはじめる前に聞いてほしいこと@広島』

平成27年10月3日(土)13時30分~

広島オフィスセンターにて、10人の薬学生に参加していただき、『就活をはじめる前に聞いてほしいこと@広島』を開催いたしました。協賛のクオール株式会社の方々と一緒に学生さんのなりたい薬剤師像を考えました。4年生以下の学生さんだったので、まだまだ就職は先という気持ちもあったようですが、今から考えることの意義、今だからこそできることなどを理解していただけたように思います。一度の参加でやりたいことが明確になる訳ではないと思うので、何度も同様のセミナーに参加していただいて、少しずつ明確にしていただければ・・・と思います。参加者の皆さん、ありがとうございました!また、一緒に考えましょうね♪

広島セミナー(20151003-1)

 

 

 

 

 

参加者の声

・すごく充実していました。とてもおもしろかったです。自分が今やらなきゃいけないことが増えて、今後たのしみになりました!ありがとうございました。

・良い生活をしたいという思いで就活を考えていたが、「やりがい」の面でも自分と向き合いたいと思った。今の生活を見つめ直すことができた。

・学年の早い時期から就職についての話を聞ける機会はめったにないので学年の上の方や薬剤師の方の声を聞いけて、すごく自身のためになりました。

・明確な将来はまだ想像できませんが、今自分が好きなことを、どう薬剤師として生かせるかを具体的に調べ、そのためにどうするべきかを今のうちに考えようと思いました。

・いろいろなお話を聞けて楽しかったです。薬剤師のイメージも変わったし、仕事についてもいろいろ知れて良かったです。ありがとうございました。

自分では知ることのできない臨床での薬剤師の仕事の現状を知ることができ、これからもっと多くの人の話を聞いてみたいと思いました。

焦って就職先を決めると後悔してしまうので、しっかりと経験を積んで後悔のないようにしたいと思いました。大変良いきっかけになりました。ありがとうございました。

・これからの勉強、就活に対するモチベーションが上がりました。色々と職種について決めつけていた部分が多々あったことが分かり、可能性が広がりました。

・自分の好きなことを仕事にするというのはとてもステキなことだと思うし、私も自分の仕事に自信をもてるように、今できることをしっかりしていこうと思いました。

・このような機会はなかなかないので、とても勉強になりました。また、ぜひとも薬剤師の会社の方や企業の方との交流の機会があったらと思います。