「 東京 」一覧

『やりたいことを実現するための作戦会議+たまごはん』

平成28年4月3日(日)11:30~

レンタルスペースmagari板橋店にて、『やりたいことを実現するための作戦会議+たまごはん』の予定だったのですが・・・。今回は、学生さんの要望により、「自己分析に活かす個性心理学&ES書き方講座」を開催し、薬学生2人に受講していただきました。自己分析のやり方や一般的なESの書き方の注意点などをお話した後に、ちょうどできあがった美味しくてヘルシーなランチをいただきました。その後、課題として提出していただいた、「学生時代に頑張ったこと」と添削したものと見比べていただきながら解説し、さらに個性心理学を交えて、自分を見つめていただくためのヒントになる話と続きました。就活のテクニックということではなく、社会人として必要なスキルと考えて、身につけていってくれたらいいと思います。また、自分の価値観や理念について考えるきっかけになれば嬉しいです。

作戦会議(20160403)

 

 

 

 

 

 

参加者の声
・すごく面白かったです!!個性心理学について、以前頂いた資料は読んでいましたが、改めて解説して頂いたことで、より一層自分のことが理解できました。この特徴を理解した上で、友達や仕事でいかしていきたいと思います。また、エントリーシートを添削して頂き、改めて自分が伝えたいことを自覚でき、気付きの多い時間でした。今日は本当にありがとうございました。

・教えてもらったこと全てが目からウロコでした。最近始動した就活で、とても不安に感じていましたが、極意を知ってより就活にはげみたいと思いました。感情や行動の動機をつきつめ、読みやすく魅せるようなESを書けるようにしたいです!!また、個性心理学について深く知り、自分の潜在的な性格を詳しく知ることが出来、興味を持って学ぶことが出来ました。より深い知識を付けたいと感じるようになりました。楽しかったです!!本日はありがとうございました!!就活、頑張ります!!またよろしくお願いします。



ペイシェントボイスカフェ(PVC)vol.13

平成28年2月20日(土)19:00~

みのりCafeにて、薬学生4名と社会人3名(薬剤師2名含む)に参加していただき、ペイシェントボイスカフェ(PVC)vol.13を開催いたしました。ゲストスピーカーには胃がんの治療歴のある吉川佑人さんをお招きいたしました。吉川さんはまだお若く、患者の声ということ以外にも、同年代の薬学生にとっては、病気と仕事のこと、社会への関わり方などについてのお話も大変参考になったのではないかと思います。また、とても前向きな考え方をされている方で、自分や家族が病気になった時に同じような考え方ができるのだろうかと思いました。本当に患者さんの数だけ、考えや想いがあるのだなぁ・・・。

PVC(2016220)

 

 

 

 

 

 

参加者の声

・ガンという疾患から、やはりその苦悩や精神的苦痛を聴き、心が痛くなった。一方で、ポジティブに生きること、きっかけを見出したスピーカーの人生を生の声で聴くことができたのは、とてもよい経験に感じた。このような貴重なお話をお聴きできる機会があるのなら、何度でも、また多種多様な患者さんの生の声を聴いて、薬剤師人生の一部としたい。

・今まで私が持っていた癌を告知された患者さんのイメージとは違っていたので、とても勉強になりました。いつも新しい発見があり、とても有意義な時間をすごさせて頂き、ありがとうございました。

・がん患者さんの死生観について、やはり病気になってからでしか死を本気で考えることはできないのかもしれないと思いました。患者さんのタイプや状況によって対応を細かに変えられるスキルを上げていきたいです。

・今の自分に反映できる考え方ももらえたのもよかったです。

・思った以上に医療者は信頼されていることを知って、自分の仕事に自信を持つことが出来た。

・思いのほか、ポジティブで安心しました。患者さんだけでなく、同じ薬局で働く仲間や友人、私に関わるすべての人が幸せになるような行動がとれる薬剤師になりたい。

・「声かけ」というか言葉に力があるということ。一言で、人の力にもなるし、気持ちの方向性も変わるということに気づけた。



『みんな集まれ!@みのりCafe』

2016年2月19日(金)19:00~

今年2回目のみのりCafeの交流会は、はじめましての方、久しぶりな初参加の方、いつも参加してくださっている方とバラエティーに富んだ参加者(薬剤師5名含む)で、楽しく語り合いました。ついつい、話題は医療や介護のことになり・・・、熱い話もあったようです。大学時代の友達も参加してくれて・・・、昔話にも花が咲きました♪毎回、違う顔を見せる交流会です!お時間のある方は、ふらっと立ち寄ってみてください(笑)参加者の皆さん、ありがとうございました!!

みのりCafe(20160219)

 

 

 



ペイシェントボイスカフェ(PVC)vol.11

平成27年12月20日(日)19:00~

みのりCafeにて、薬学生4名と薬剤師1名に参加していただき、ペイシェントボイスカフェ(PVC)vol.11を開催いたしました。ゲストスピーカーには胆管がん患者の片岡紀子さんをお招きして、がん患者さんの薬剤師や薬への想いについてお話をいただきました。少人数だったので、学生さんからもいろいろな質問が飛び交い、充実した時間になったと思います。6年生の方も3名いらっしゃったので、来年からのお仕事に少しでも活かしていただけたらと思いました。

PVC(20151220)

 

 

 

 

 

参加者の声

・患者さんの立場や状況などによってニーズは異なるので1人の患者さんの体験談をじっくりと聞けることはとても勉強になりました。また、みんなでディスカッションをしたことで理解が深まりました。ありがとうございました。

・「かかりつけ薬剤師がほしいけれども、現状では院内処方が良い」という考えは新しい気づきでした。理想の薬局、薬剤師は患者さんひとりひとりによって異なり、毎回新しい気づきがあります。薬のことだけではなく、生活や患者の思いのことも総合的に考えるというのは難しいけれども、個人がひとりひとり意識をもつことが大切だなと思います。

・患者さんの率直な意見を薬剤師の意見も交えてディスカッションすることを通じて、今まで考えたこと、感じたことのない見方、シチュエーションを知ることができた。現場から変えていくことも大切だと改めて感じるとともに、やはり役所の人間でも現場をもっと知っている人が必要だと感じる。

・患者の声を聞くというのは、はじめてだったので非常に勉強になりました。

・患者さんが他人の前で話してほしくないと思うことの基準が私たちとは違うと感じました。

 



『みんな集まれ!@みのりCafe』

平成27年12月12日(土)19:00~

今年最後のみのりCafeの交流会は、火曜日までは参加者2名で中止にしようかと考えるくらいでしたが、水曜日に2名、当日2名の方が参加表明してくださり、合計6名(薬剤師2名含む)の方に参加していただいて、何とか開催できました(笑)大人数でワイワイする交流会も良いですが・・・、自分は少人数でゆっくり話せる会が好きなのだなぁ・・・と思います。来年も小さくても暖かい交流会を続けていければなぁと思っています。今年参加してくださった皆さん、ありがとうございました!また、参加したくても、なかなか都合が合わずに参加できなかった方もいると思います。そんな皆さんの「いつもそこにある場所」を目指して・・・。来年もよろしくお願いいたします!

みのりCafe(20151212)