どげんかせんといかん!

今日は大学の後輩と会ってきました。

すごーく後輩(笑)

今年、社会に出た社会人一年生。

そう6年制の一期生です。

勤めてすぐにドラッグストアを辞めて、調剤薬局に入り・・・、そして今、やっぱり企業に入りたかったと言っている。

どんなヤツやねん!

最初は思いました。

会って話を聞くと決めてからも、すごく生意気だったりとか、人生をなめているヤツだったら、どうしよう・・・そう思っていました。

会ってみたら・・・。

全然普通の若者でした(笑)

むしろ礼儀もわきまえているし、家族のことも大切に思っている・・・。

でも、経歴を聞いたら何それ?って思うよね・・・。

ちぴとが感じた彼の印象がすべてとは思わないし、別の面もあるのかも知れないけど・・・。

決して悪いヤツでは、なかったと思う。

ちぴとはそう信じています。

本人にもいけないところはあった・・・。

そして、大学や会社にも・・・。

で、思ったことは、やっぱり今の就活は良くないと思う。

もちろん他の学部の就活のように、どんどん早くから始まって長期に渡るようになると学業にも支障をきたすのかも知れませんが・・・。

就活を疎かにして、人生に支障をきたしても、いいんかい!って話。

とくに薬学部というのは薬剤師になることを目標にみんなが入ってくる学部です。

1年生の時からどの道に進むかを決めろとはいいませんが・・・。

どんな方向に行きたいのかを考えるのは悪いことじゃないと思う。

そして、興味のある仕事のことを調べたり、体験したりすることで、普段やっている勉強が将来どんな風に活かされるのかをイメージできたりするんだと思うんだよね・・・。

例えば、薬学部に入ったら、何で薬学部に入ったのか、どんな薬剤師になりたいのかをシェアするようなワークをやればいい。

そのことが明確になることによって、大変な勉強も頑張れるってこともあるだろう・・・。

早い学年のうちから、薬剤師ってどんなことができるのかを調べたり、先輩の話を聞いたりして『なりたい薬剤師像』をイメージする。

すごく大切なことだと思います。

就活と呼ばれる活動の時期は短いに越したことはないけど・・・。

ひとりひとりが働く場所、会社を自分自身で選んでほしいと思います。

会社にみんなが選ばれるのでもなく、誰かが勧めるから行くのでもない・・・。

自分自身でしっかり考えて、必要なら調べて、そして決めてほしいと思います。

そんな風にして決めた会社をすぐには辞めないよね・・・?

『ここに決めた!』と自分が選んだ職場で・・・。

最低5年はしっかり働いてください!(笑)

ちぴとからのお願いです・・・。

そして、大学や会社や・・・。

周りの環境もそのことに協力してほしいと思います。

このままじゃ、マジでヤバいと思う・・・。

ってことで、小さな声ですが、伝え続けていこうと思います。

例え届かないとしても、エールを送り続けます・・・。

それが、ちぴとの生きる道。

なんてな・・・(笑)

↓こちらもぽちっとお願いします!