「 2012年08月 」一覧

個性心理學セミナー第2弾!

facebookのお知らせそのままで手抜きですが・・・(笑)

個性心理學のセミナーの第2弾です。
今回は、基本講座とワーク1を続けて開催いたします!
と考えていましたが、反響が大きかったのでワーク2も同時開催しちゃいます!(笑)
前回、予定が合わなくて参加できなかった方はぜひお申込みくださーい!
(初回は基本講座のみの受講となります)


予定表・・・。

ちぴとは毎月、予定表を奥さんに提出しています!(笑)

今日の夕飯はいるとか、いらないとか・・・。

どこで何のイベントやってる・・・とかね。

で、9月は・・・。

土日ほとんど何かしら入ってる・・・(汗)

今は空いていても、だんだんに予定が入っていくので・・・。

もっときちんと休めるように仕事しないとダメですね!

ちぴとは大きなイベントをドカンとやるタイプではないので・・・。

毎月(むしろ毎週)小さなセミナー、イベント、交流会をやっていきたいと思っています。

しっかりしたシステムをつくって・・・。

自分も含めたみんなが喜べるようにしていきたいなぁ・・・と思います。

『妄想』はあるのですが(笑)

きちんと『構想』にしていけるように・・・。

日々勉強ですね♪

↓こちらもぽちっとお願いします!



くすり・薬学 ブログランキングへ



疲れたー!

薬局4連勤!

普通に働いている人に怒られそうですが・・・(笑)

帰宅後に家で自分の仕事やるので、ずっと寝不足なんです。

今日は少しのんびりさせてもらいます。

明日は朝はのんびりですが、夜は打ち合わせ。

そして土曜日も薬局勤務で、しかも棚卸(笑)

棚卸は久しぶりだぁ~!

↓こちらもぽちっとお願いします!



くすり・薬学 ブログランキングへ



大好評だった『患者が求める医療者像とは?』の第2弾を開催しまーす!

みのりCafeのマスターとのコラボ企画で、前回6/3に開催した『患者が求める医療者像とは?』の第2弾を11/18(日)に開催いたしまーす!

前回参加した方ももちろんですが、前回参加できなかった方もぜひ一度いらしてみてくださーい!

ちぴとも学生さんによく問いかけるのですが・・・。

患者さんが本当に薬剤師に求めていることって何だろう?って。

例えば、薬剤師や他の医療者の方が患者さんにこんなことをしてあげたい!って思ったとしても・・・。

患者さんがそれを求めていなかったら、ただの自己満足ですよね??

こんな風に患者さんと関わりたいという考えがある医療者の方は、ぜひ実際に患者さんに聞いてみて欲しいと思います。

でも、薬局に来ていただいた患者さんに聞くことって、できませんよね?(笑)

ということで、マスターが推し進めている『患者講師』の方々に聞いてみる・・・っていうのはいかがでしょうか?

前回の講師の方のお話でも、なるほど~とか、そういう気持ちなんだぁ・・・というたくさんの気づきがありました。

すぐに実践できる患者さんへの関わり方のヒントがたくさん詰まった講演会だと思いますので、ぜひぜひ多くの医療者、医療関係者の方に参加していただければと思います。

以下はお知らせの転載です。

参加申し込みは申込方法のところにあるURLからお願いします!

もちろん、ちぴとも参加いたしまーす!

第2回 「患者が求める医療者像とは?」
~患者スピーカーの声からあなたの仕事を考える~

◆ 日時 2012年11月18日(日) 13:30~16:45

◆ 場所 文京区不忍通り「ふれあい館」 (東京都文京区根津2-20-7)
  千代田線根津駅徒歩3分
◆ 当日スケジュール
13:15開場
 ※グループワークの都合上、席を指定させていただきます。
13:30開始
 患者スピーカー 香川 由美 氏  「1型糖尿病とともに生きる~医療者との二人三脚が教えてくれたこと~」
 患者スピーカー 上野 創 氏  「がんと向き合って ~医療者への思い」
    (休憩)
 グループワーク(他職種でグループになり、交流を兼ねた楽しいワークです)
 グループ発表
16:45閉会

◆ 講演する患者スピーカー
◇香川 由美 日本看護協会  NPO法人患者スピーカーバンク広報担
【罹患疾病】 1型糖尿病
1981年シンガポール生まれ。シンガポール、アメリカ、神戸で育つ。9歳で1型糖尿病を発症。
2004年同志社大学文学部を卒業後、神戸の中学校で英語科の教職に就くが、体調不良により1年で退職。
1型糖尿病の患者会活動や、慢性疾患セルフマネジメントプログラムのボランティア活動を通して「病気とともに自分らしく生きること」やそのための支援について興味を抱く。
2008年東京大学大学院医学系研究科公共健康医学専攻に入学。
2010年より日本看護協会に入職。中

◇上野 創 朝日新聞社員 「がんと向きあって」著者 精巣腫瘍患者
友の会会員 
【罹患疾病】 精巣腫瘍
1971年生まれ、東京育ち。94年、朝日新聞社入社。
長野支局、横浜支局で主に事件・事故の報道を担当。97年、26歳で肺に転移した精巣腫瘍の告知を受ける。
抗がん剤と手術で治療するも、2度再発し、入退院を繰り返す。体験を新聞で連載したところ、大きな反響があり、それをまとめた本「がんと向き合って」が日本エッセイスト・クラブ賞を受賞。
職場復帰後は、社会部記者として主に教育を担当し、東日本大震災では宮城県の被災地報道にかかわった。

◆ 参加費 2000円(当日現金にてお支払いください)
【まとめて申込割引】
申込フォームから同時にお申し込みいただくと下記の通り安くなります。
 同伴者1名(2人同時申込) 1800円/人
 同伴者2名(3人同時申込) 1600円/人
 同伴者3名以上(4人以上同時申込) 1500円/人

◆ 懇親会の案内
 開催時間 18:30~20:30
 場所 みのりCafe(会場より徒歩2分)
 参加費 3000円(料理・飲み放題付)
 人数 申込先着20人まで
 (当日キャンセルの場合は2000円を頂戴します。)

◆ 申込方法
http://www.kan-i.net/news/20121118.htm

からお申し込みください。

◆協賛企業◆
メディエール 患医ねっと NPO法人患者スピーカーバンク みのりCafe 

◆企業の皆様へ◆
協賛企業や、当日配付資料の広告募集中です。詳細は上記フォームからお問い合わせください。詳細を折り返しご連絡します


明日も明後日も・・・。

薬局勤務です!(笑)

最近、週2くらいしか薬局で働いていないので、完全に体がなまってます・・・。

昨日、今日は8時から仕事だったのですが、明日、明後日は9時からというのが、ちょっとの救い(笑)

金曜日は個性心理學セミナーの講師の方と作戦会議なので、何とか金曜日まで乗り切らないと!

今日こそ、早く寝よう!

↓こちらもぽちっとお願いします!



くすり・薬学 ブログランキングへ